本文へ移動

プログまもる会日記 

プログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

認知症ケア研修

2010-07-16

介護職員一名、認知症介護の研修会に参加した。毎年1~2名を派遣している研修で、6日間にわたる外部研修である。

研修内容紹介・・・・・・
[一日目]講義(認知症研修のねらい、介護現場での理念、) 演習(認知症介護の理念の構築)
[二日目]講義(意思決定支援と権利擁護、家族の理解、他職種連携チームワーク、人間関係)
[三日目]講義(生活の捉え方、地域社会関係、人的・住居環境) 演習(介護劇を通じて支援方法を考える)
[四日目]講義(生活のアセスメント) 事例演習(本人本位とは何かを考える)
[五日目]講義(リスクマネジメント、認知症の医学的理解) 演習(リスクマネジメント)
[六日目]講義(実習課題のまとめ) 

レポート一部紹介・・・・・・
「声かけだけでなく、職員の表情やしぐさ、周囲の環境など様々なことが認知症高齢者の心身に深く影響することを学んだ。とくに職員の感情の変化などにはとても敏感でこちらがイライラしていたり、あわてたりすれば、認知症高齢者に不安やストレスを与えてしまうことがある。日々の介護で思い当たることもあり、反省した。笑顔で優しい声かけで安心を与え、不快をあたえないことはもちろん人的環境を職員みんなで作り上げていくようにさらに努めていきたい。」「危険だからという理由で認知症高齢者の方の自由を奪う言動はしたくないと思う」

さあ、モチベーションも上がったみたい、つぎは学んだことを実践に生かしていきましょう。!!!

不在者投票

2010-07-07

青海山荘は不在者投票ができる指定施設となっている。入所中で足が不自由で投票所に行けない方も希望すれば施設に投票所を設け、投票できるということである。青海山荘では、今月7日に夏の参議院選挙の不在者投票が行われた。
開設当初(12年前)は約半数の入所者がこの投票を利用していたが、今は認知症など様々な理由で意思疎通困難な入所者が増え、投票した人は全体の2割に達せず、うち9割が手が不自由なため代理記載人による投票であった。重度化の流れはこのような選挙の1コマからも垣間見ることができる。
さて、投票会場であるが、入所者の中には比例区は知らない政党が多いためか、よくわからないといった方が多かった。投票用紙を前に考え込む人もいて、時間のかかる人もいたが粛々と投票は進行し、無事終了、今日、選管に投票用紙を送致した。
ちなみに、不在者投票の指定施設には、入所定員50名以上が必要のようだ。満たないピースハウスや向日葵荘は希望者には施設側が町内の投票所までの送迎を行うなどの支援をしている。





 

社会にでてからも勉強は続く

2010-06-28

各事業所ごと年間計画を立てて、内部研修会を開催している。テーマは事故防止、食中毒、個人情報保護などリスクマネジメントを中心に多岐にわたり、今日は青海山荘で排泄ケアについての研修が開催された。写真はその一場面、実演を交えた講習で、参加者からの質問も多く飛びかったらしく、良い研修だったようだ。
介護・医療は日進月歩である。学生のころ勉強し免許を取って、あとは経験を重ねるだけの受け身の姿勢でなく、新しいことを吸収していく姿勢がないと、サービスの質の維持向上は図れない。内部研修は夜遅くに及ぶことも・・・。職員みんながんばっている。


テレビで学ぼう

2010-06-20
利用者のご家族と相談活動をしていると、最近の傾向として、ご家族の介護問題への関心と知識の高さに驚くことがある。家で介護をするために免許をとって勉強したという人もいれば、ある福祉介護をテーマとした番組をチェックして欠かさず視聴している人もいるようだ。確かに10年前と比較すると介護や医療をテーマとした番組が多くなってきている。自分の身内に介護という課題が迫った時からそのような番組に目がいくようになったという利用者のご家族からの声が多い。
参考までに、みなさんも番組の予定をチェックして興味あるところだけでもご覧になってみてはいかがでしょう。 
http://www3.nhk.or.jp/toppage/navi/fukushi.html



社会保障の課題=財源の問題

2010-06-05
もうすぐ、夏の参議院選挙である。先日、ある国会議員の話を生で聞く機会があった。「社会保障費は今後も伸びることは確実な情勢であること、社会保障費の伸びに財源の確保が追いつかず、そのため国債を発行し借金が増えている国家財政であること、無駄を省くことは努力とともに、今こそ税収をさらに増やすことを真正面から真剣に取り組まなければならないこと・・等々」を説明していた。もう増税もやむなしといった雰囲気である。日本の社会保障制度は国民の支え合いの精神が基盤にあるので、みんなが困っているなら助け合うのは当然、私も現在の介護や医療の質を維持またさら向上させるには、今となっては負担増はやむをえないと思っている一人である。ただし、歳出の無駄については、毎年検討を続けてほしいと思う。私は、日本の社会保障の将来構想をきちんと持ち、社会保障制度を再構築できる政策をもつ政党・国会議員を選挙で選びたいと思う。

・・・さて、写真は前回紹介のお料理教室で利用者で作ったオハギです。私も食べましたが、とってもおいしかったあ。甘いのは大好きな管理人です。

社会福祉法人
まもる会
福岡県築上郡築上町大字湊1275
代表
TEL.0930-57-1110
FAX.0930-57-1120
──────────────

7
1
8
5
9
1
TOPへ戻る